ネット通販と物流ロボ導入

通販を賢く利用しよう

日本のネット通販と物流ロボ導入

日本のネット通販と物流ロボ導入 今、通販の物流においてロボの活用が検討されています。アメリカにおいてはすでに実証段階に入っており、大手通販会社によるドローンの使用や、自動運転による物流システムの構築が進んでいます。
これは、広大な土地を有するアメリカ特有の事情も関係しており、コスト削減が期待されているのです。
では、ロボ技術の先進国である日本はどうでしょうか。工場などでは多くの実績を誇っていますが、それはあくまで屋内での運用です。
通販の物流を扱うとなれば、屋外での使用が基本となりますから、それを安全に扱うための法改正が必要となります。
同時に、住宅が密集している場所でも事故を起こさず行き来できるだけの、進歩と改良がメーカーに求められます。
現実的な問題として、宅配業者はパンク寸前の状況に陥っています。
こうした社会的問題の解決には、技術面からのサポートも欠かせません。
また、それと同じくらい、物流ロボのような斬新な仕組みを受け入れるだけの、柔軟な考え方が消費者にも必要なのです。

今後日本のネット通販で物流ロボは拡がっていくか

今後日本のネット通販で物流ロボは拡がっていくか 今後、日本の物流拠点において、ロボットシステムは普及していくのでしょうか。
その答えですが、ズバリ近い将来、多くの拠点において物流ロボの導入が進んでいくはずです。その理由として、先ず挙げられるのが、通販需要の急激な伸びです。
ここ数年でネット通販の需要は急激に増加しており、大手ネットショッピングサイトはもちろんのこと、個人商店や実店舗を構える量販店も挙って参入しています。
人力で倉庫の荷物を管理したり、配送準備をする事には限界が出てきています。既に大手の物流拠点では、最新鋭の自律性のあるロボットがシステムとして導入されています。
今現在ではまだ高級過ぎて一般の拠点には導入されておりませんが、今後はロボの方が大量生産される事で単価が下がり、やがては普通の拠点でも見かける普通の存在になる事でしょう。
ロボは不眠不休で仕分けや管理業務を出来ます。
メンテナンスの費用を考えても、人件費よりも安く、今後は日本国内でも珍しくない存在となるはずです。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>